会社概要

商号 株式会社 丸 巳
所在地
連絡先
〒071-1456
北海道上川郡東川町東6号南4番地
TEL:0166-82-4355
FAX:0166-82-3858
役員
代表取締役会長
矢 澤 勝 己
代表取締役社長
矢 澤  睦
専務取締役
松 山 幸 雄
専務取締役
高 橋  大
常務取締役
矢 澤 教 祐
取締役
中 山 由美子
監査役
矢 澤 さえ子
従業員数
社員
10名
周年パート
40名
夏季パート
55名
研修生
18名
資本金 1,100 万円
売 上 高 115,610 万円
農産売上 110,102 万円
作物作付状況(平成23年度)
大根
35.0 ha
人参
29.0 ha
ブロッコリー
45.0 ha
キャベツ
11.0 ha
南瓜
32.0 ha
スイートコーン
12.0 ha
馬鈴薯
19.0 ha
白菜
7.0 ha
みつば
8.0 ha
アスパラ
10.0 ha
ミニカリフラワー
8.0 ha
ニンニク
2.0 ha
水稲
70 ha

(尚、各作物前後作として緑肥・ヘイオーツ等  38 ha)

 

施設(ハウス)
野菜育苗
3,000㎡ 6棟
水稲育苗
3,000㎡ 5棟
野菜栽培
3,000㎡ 5棟
野菜栽培(みつば)
5,052㎡ 11棟
野菜栽培(椎茸)
6,000㎡ 12棟
(椎茸菌床  約 420,000 床)

 

取引先・関連先
アークスグループ http://www.arcs-g.co.jp/
ランドローム http://www.landrome.jp/
株式会社 エプロン http://apron-co.jp/
財団法人日本きのこ研究所
http://www.kinoko.or.jp/
事業規模
建物
自社関連所有地
155ha (内田 27.0 ha)
借地
138ha (内田 70.0 ha)
事務所
188㎡ 1棟
集出荷選果施設
1,451㎡ 2棟
整備工場
226㎡ 1棟
倉庫
1,758㎡ 5棟
研修棟
105㎡ 1棟
乾燥調整施設
330㎡ 1棟
雪氷冷房冷蔵施設
2870㎡ 1棟
設備
大根洗選果ライン
1式
人参洗選果ライン
1式
南瓜選果ライン
1式
米乾燥調整ライン
1式 (色彩選別AC-200)
機械
トラクターホイル 14PS~190PS 26台
トラクタークローラー 90PS~160PS 9台
収穫運搬車  クローラー型 7台
マニアスプレッター 自走型 6t . 8t 2台
防除機 自走型 1. マウント型 2 3台
ハーベスター 芋 1. 大根 1. 人参 3 5台
フォークリフト 1.35t ~ 3.5t 12台
その他各作物、管理機 1式
水稲播種機~コンバイン 1式
※平成15年次より菌床玉つくり事業は (農)東川菌床センターに移行
※平成23年度 (農)東川菌床センター  160万玉製造

 

 

沿革

販   売 経   営 面積の推移
1965 昭和40年 自車便で旭川市場
の屋号で販売
水稲・畑作・養豚・野菜(大根中心) 3.5ha
1970 昭和45年 自車便で旭川・留萌・砂川・岩見沢市場 稲転で水稲ゼロになる
野菜が増える(大根・白菜)
10ha
1975 昭和50年 52年東川農協販売開始
札幌市場中心
大根主体。夏秋季の産地として各方面より
注目される(ノカナン地区)
15ha
1980 昭和55年 東川農協
本州市場へ移出開始
量販店との取引始まる
35ha
1981 昭和56年 4月 個人から法人へ変更
(有)丸巳農場設立
事務所 東川町ノカナン
資本金10万円
選果場、大根・人参の大型洗浄機導入
従業員 周年4名 夏季25名
1982 昭和57年 資本金900万円に増資
1985 昭和60年 60ha
(内、借地25ha)
1986 昭和61年 商号変更 (有)丸巳
1987 昭和62年 大根中心から輪作体系の確立
通年生産の模索始める
全圃場有機物(堆肥)投入
1988 昭和63年 販売会社ファームファミリーの設立。
当社メンバーに参入
1989 平成元年 JAから販売部門を移す
市場流通から量販店取引
忠別ダム建設のためノカナンより移転
東川町東6号に事務所、工場等新設
100ha
1993 平成5年 椎茸栽培の開始
1994 平成6年 「価格破壊」言葉出現 椎茸菌床作り開始
1995 平成7年 1996年 O-157の発生 影響大道内量販店との産直開始 127ha
(内、借地25ha)
2000 平成12年 産直 販売額の60%を越える
(ポップ・チラシ等、名前・顔の見える販売へ)
販社を通して全国生協共同購入へ販売開始
ミネラル栽培本格化、店頭アピール 140ha
2003 平成15年 農事組合法人 東川菌床センターの設立
2004 平成16年 活性ケイ素を利用した農法始める
2005 平成17年 活性ケイ素を主体にした商品販売開始。
ヨークベニマル他
IY顔見えコーナー
取締役増員 社員持ち株制の導入
資本金 1100万円
稲作始まる
稲作増強
外国人研修生 受入開始
230ha
(内、借地60ha)
2006 平成18年 コープさっぽろ
農業大賞奨励賞
椎茸 品目別売上トップとなる
2007 平成19年 アークスグループ㈱ラルズ
社長特別賞
ボカシ肥による栽培本格化
2008 平成20年 パプリカ スタート
ミニカリフラワー本格化
241.6ha
2009 平成21年 (財)日本きのこ研究所
「安心確保のためのきのこ生産標準」
認定をうける
きのこ栽培で北海道知事賞
ミニカリフラワー10ha 242ha
2010 平成22年 水稲高品質米出荷で協会より表彰 水稲面積 30ha
水稲乾燥調整施設新設
(色選一次160チャンネル二次40チャンネル)
雪氷熱利用施設プロジェクト開始
251ha
2011 平成23年 旭川方面安全運転管理者協会
安全運転体制に対し表彰
雪氷熱利用施設 新設 (8月竣工)
水稲面積 50ha
乾燥施設 増設(60石乾燥機 計7台)
288ha